社畜だった僕がプロギタリストになった練習方法

初心者の方や、練習方法に悩んでいる方、忙しくて練習する時間があまり取れない方の為の練習方法をお伝えします。

5分でOK!忙しい人が万能ギタリストになる練習方法(理論編②リラティヴ・マイナー/メジャー)

お忙しいみなさま、いかがお過ごしでしょうか。

 

今日はリラティヴ・マイナー/リラティヴ・メジャーです。

 

リラティヴ・マイナー/リラティヴ・メジャーとは

 

まず、こちらのCメジャー・スケールを見てください。

 

f:id:bc-guitar0046:20180515232959p:plain

 

続いて、こちらのAナチュラル・マイナー・スケールを見てください。

 

f:id:bc-guitar0046:20180515233040p:plain

 

Cメジャー・スケールと一緒なのがお分かり頂けたでしょうか?

 

 

つまり、Aナチュラル・マイナー・スケールは、Cメジャー・スケールの6つ目の音から弾き始めたものと一緒だということになります。

 

これを、「Aナチュラル・マイナー・スケールはCメジャー・スケールのリラティヴ・マイナーである」といいます。

 

逆に言えば「Cメジャースケールは、Aナチュラル・マイナー・スケールのリラティヴ・メジャーである」とも言えますね!

 

これを理解すると、例えばCmaj7の時に、Aマイナー・ペンタトニック・スケールでソロを弾く方法があるということが分かりますし、逆にAmの時にCメジャー・スケールを使う方法もアリ、だということが分かりますね♪

 

すぐに判別する方法

メジャー・スケールを弾きたい場合→ナチュラル・マイナー・スケールのルートから3フレット上の音からメジャー・スケールを弾く

 

(例えば Bナチュラル・マイナー・スケール=Dメジャー・スケール)

f:id:bc-guitar0046:20180515234633p:plain

 

マイナー・スケールを弾きたい場合→メジャー・スケールのルートから3フレット下の音からマイナー・スケールを弾く

 

(例えば Aメジャー・スケール=F#ナチュラル・マイナー・スケール)

f:id:bc-guitar0046:20180515234404p:plain

という感じになります!

 

メジャー・スケールさえ覚えてしまえば、マイナー・キーでもアドリブが出来てしまうってことですね!

 

メジャー・スケールで弾くのは苦手…という方は、マイナー・ペンタトニック・スケールで弾き倒すということも出来てしまうので、覚えておくとアドリブ時に凄く役に立ちます。

 

メジャースケールさえ分かれば後は簡単に分かると思うので、理解したら色々な曲で試してみましょう。

 

今日も練習頑張りましょう!

 

僕のレッスンはこちらです

僕のツイッターはこちら です

僕の動画はこちら です