社畜だった僕がプロギタリストになった練習方法

初心者の方や、練習方法に悩んでいる方、忙しくて練習する時間があまり取れない方の為の練習方法をお伝えします。

5分でOK!忙しい人が万能ギタリストになる練習方法(メロディック・マイナー・スケール①)

お忙しい皆様、いかがお過ごしでしょうか?

 

本日の5分間練習は「メロディック・マイナー・スケール①」です。

 

譜面はこちらです。

 

f:id:bc-guitar0046:20190320214142p:plain

(譜面はCメロディック・マイナー・スケールです。)

 

メロディック・マイナー・スケールとは

メジャー・スケールの3度の音を半音下げたスケールです。

 

つまり、Cメジャー・スケールで考えると

 

C,D,Eb,F,G,A,B

 

になります。「ミ」が半音下がっただけですね。

 

メロディック・マイナー・スケールの使い方

「〇mMaj7」(〇マイナー・メジャーセブン)上で使うことが出来ますが、このコードに出くわす機会があまり多くはないと思います。

 

どちらかというとドミナント7(〇7)上で使うことが多いです。

 

理論的な背景があるのですが、それはとりあえず置いておきましょう。使わないと覚えませんし、忘れてしまいます。

 

サクッと使う方法として、コード進行上にある「〇7」の半音上のメロディック・マイナー・スケールを弾いてみましょう!

 

例えば・・・

コード進行上にG7がある場合

G7半音上のメロディック・マイナー・スケールを使う

G#メロディック・マイナー・スケールを使う。

 

コード進行上にB7がある場合

B7半音上のメロディック・マイナー・スケールを使う

Cメロディック・マイナー・スケールを使う

 

頭だけで考えると「半音上だし、うまくハマらなそう・・・」と思うかもしれませんが、一度弾いてみてください。なんとなくジャズっぽくなりませんか?

 

任意のドミナント・コードの半音上でこのスケールを弾くと、いわゆる「アウト」している感じになります。

 

本日も練習頑張りましょう!

 

僕のレッスンはこちらです

僕のツイッターはこちら です

僕の動画はこちら です