社畜だった僕がプロギタリストになった練習方法

初心者の方や、練習方法に悩んでいる方、忙しくて練習する時間があまり取れない方の為の練習方法をお伝えします。

5分でOK!忙しい人が万能ギタリストになる練習方法(ハーモニック・マイナー・スケール①)

お忙しい皆様、いかがお過ごしでしょうか?

 

本日の5分間練習は「ハーモニック・マイナー・スケール①」です。

 

譜面はこちらです。

 

f:id:bc-guitar0046:20190214213703p:plain

(譜面はAハーモニック・マイナー・スケールです)

 

ハーモニック・マイナー・スケールとは

ナチュラル・マイナー・スケール7番目の音を半音上げたスケールになります。

 

Aナチュラル・マイナー・スケール→A,B,C,D,E,F,G

Aハーモニック・マイナー・スケール→A,B,C,D,E,F,G#

 

今回は5ポジションのうちの一つ、6弦ルートを小指から弾くポジションになります。

譜面では7度の音だけ赤く示してあります。

 

人差し指と小指のストレッチがあるので、慣れるまで少し大変かもしれません。

ただポジションを丸暗記するのではなく、ナチュラル・マイナー・スケールと比較してどの音が半音上がっているのか確認しながら弾くとスケールの仕組みを理解できます。

 

ハーモニック・マイナー・スケールの使い方

ナチュラル・マイナー・スケールの代わりとして使ってOKです。

 

例えば、Aナチュラル・マイナー・スケールの代わりにAハーモニック・マイナー・スケールでソロを取ったりするのもOKです。しかし、曲によって合う合わない等はありますので、曲に合わせて適宜何を使うか選択できるようになると良いと思います。

 

ハーモニック・マイナー・スケール=速弾き?

ハーモニック・マイナー・スケールはメタル等で使われることも多い為、速弾きの為のスケールと思われがちですが、ジャズでも非常によく使われています。

 

この辺につきましては理論が絡んできますので、また後日詳しくご説明したいと思います。

 

本日も練習頑張りましょう!

 

僕のレッスンはこちらです

僕のツイッターはこちら です

僕の動画はこちら です