社畜だった僕がプロギタリストになった練習方法

初心者の方や、練習方法に悩んでいる方、忙しくて練習する時間があまり取れない方の為の練習方法をお伝えします。

5分でOK!忙しい人が万能ギタリストになる練習方法(メジャー・ペンタトニック・スケール)

お忙しい皆様、いかがお過ごしでしょうか?

 

本日の5分間練習は「メジャー・ペンタトニック・スケール」です

 

譜面はこちらです

 

Cメジャー・ペンタトニック・スケール=5度スタート

Aマイナー・ペンタトニック・スケール=7度スタート

f:id:bc-guitar0046:20190108223631p:plain

 

Cメジャー・ペンタトニック・スケール=6度スタート

Aマイナー・ペンタトニック・スケール=ルートスタート

f:id:bc-guitar0046:20190114220551p:plain

 

Cメジャー・ペンタトニック・スケール=ルートスタート

Aマイナー・ペンタトニック・スケール=3度スタート

f:id:bc-guitar0046:20190121194019p:plain

 

Cメジャー・ペンタトニック・スケール=2度スタート

Aマイナー・ペンタトニック・スケール=4度スタート

f:id:bc-guitar0046:20190130232538p:plain

 

Cメジャー・ペンタトニック・スケール=3度スタート

Aマイナー・ペンタトニック・スケール=5度スタート 

f:id:bc-guitar0046:20190205221609p:plain

 

 

譜面はCメジャー・ペンタトニック・スケールになりますが、ブログでも度々書いていますが、これはAマイナー・ペンタトニック・スケールと全く同じですので、5ポジション一気に載せました。

 

メジャー・ペンタトニック・スケールとは

メジャースケールの4度と7度を抜いた5つの音のスケールです。

 

Cメジャー・スケールを例にしてみましょう。

 

Cメジャー・スケール=ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ です。

 

そこから、ファとシを取ります。

 

→ド・レ・ミ・ソ・ラ

 

となります。これがCメジャー・ペンタトニック・スケールです。

 

Aマイナー・ペンタトニック・スケールと比較してみる

ここで、Aマイナー・ペンタトニック・スケールとCメジャー・ペンタトニック・スケールを比較してみましょう。

 

Cメジャー・ペンタトニック・スケール

ド・レ・ミ・ソ・ラ

 

Aマイナー・ペンタトニック・スケール

ラ・ド・レ・ミ・ソ

 

二つのスケールは開始の音が違うだけで構成されている音は全く同じだということが分かります。

 

譜面に書かれているスケールはAマイナー・ペンタトニック・スケールの5ポジションでもあり、Cメジャー・ペンタトニック・スケールの5ポジションでもあるのです。

 

よくある注意点

5ポジションは全く同じですが、ドから始まるスケールか、ラから始まるスケールかで解釈は当然変わってきます。

 

例えば、Aマイナー・ペンタトニック・スケールのルートから始まるポジションは、Cメジャー・ペンタトニック・スケールだと6度から始まるスケールになります。

 

アドリブ初心者の方が陥りやすい罠が、結局二つとも同じ音なんだから音の解釈なんて別に覚えなくてよくね?となって、「ポジションだけ」を覚えてしまうことです。

 

実際にあった話ですが、僕の知り合いにアドリブ時にそのコードのルート音からアドリブを始める方がいらっしゃいます。(AmだったらAマイナー・ペンタトニック・スケールのルートのポジションから弾き始めるという感じです。)

 

その方がコードがCの時にどう弾くか?というとAマイナー・ペンタトニック・スケールのルートのポジションをそのまま弾いてしまいました。

 

もしルートからアドリブを弾きたいのなら、Cから始まるポジションから弾かないと当然自分が思ってる感じにはならないですよね。

 

もちろん、Cの上でラから始まるポジションが自分が弾きたい音であるなら大いに構わないのです。しかし、僕の知り合いのように、解釈はきちんとしておかないと自分でもよくわからない演奏になってしまうので注意が必要です。

 

本日も練習頑張りましょう!

 

僕のレッスンはこちらです

僕のツイッターはこちら です

僕の動画はこちら です