社畜だった僕がプロギタリストになった練習方法

初心者の方や、練習方法に悩んでいる方、忙しくて練習する時間があまり取れない方の為の練習方法をお伝えします。

5分でOK!忙しい人が万能ギタリストになる練習方法(ブルース・フレーズ①)

お忙しい皆様、いかがお過ごしでしょうか?

 

本日の5分間フレーズは「ブルース・フレーズ①」です。

 

譜面はこちらです。

 

f:id:bc-guitar0046:20181026233649p:plain

 

ブルース編は基本的なバッキングを紹介しましたので、ここからはキーを「A」に固定して、すぐにできるフレーズを紹介していきます。

 

「Blues backing track A」等で検索をかけるとバッキングトラックがたくさん出てきますので、そのうえで練習をすると良いかと思います。(最後のAはキーがAのバッキング・トラックという意味です)

 

今回のフレーズはシンプルなフレーズですが、チョーキングとスライドを混ぜています。

 

最初のフレーズにCと書かれていますが、これは「1音チョーキング」を意味します。

1音チョーキングは2フレット分音程を上げる必要があります。

(1弦8フレットを1音チョーキング→1弦10フレットと同じ音程までチョーキング)

 

音程が合ってるかはチューナーを使ったりするのも良いですが、一番手っ取り早いのはチョーキング先の音(今回の場合1弦の10フレット)を弾いてみて、音程の差が無いかを確認するのが早いかと思います。

 

運指の指定はありませんが、最後のスライドは個人的には薬指でスライドしてます。

 

今回のスライドはあくまでも装飾音的なスライドですので、素早く任意の音までスライドさせましょう。

 

スライドが遅いとスライドした先の音(2弦10フレット)が2小節目の頭に来てしまいますので気を付けましょう!

 

また、最初の音符のマークがありますが、これは8分音符だけ適応されますので、4分音符はそのままです。

 

最初はメトロノーム無しで練習して、慣れてきたらテンポ60のシャッフルで練習すると良いと思います!

 

本日も練習頑張りましょう!

 

僕のレッスンはこちらです

僕のツイッターはこちら です

僕の動画はこちら です