社畜だった僕がプロギタリストになった練習方法

初心者の方や、練習方法に悩んでいる方、忙しくて練習する時間があまり取れない方の為の練習方法をお伝えします。

5分でOK!忙しい人が万能ギタリストになる練習方法(Fコード①)

お忙しい皆様、いかがお過ごしでしょうか?

 

本日の5分間フレーズは「Fのローコード」です。

 

譜面はこちらです。

f:id:bc-guitar0046:20181024231024p:plain

 

1小節目に書かれているのがFコードです。ですが、いきなりこれを弾くのは挫折しやすいです。

 

最初は2小節目に書かれている、5フレットから始めていきましょう!押さえ方も全く同じですが、ロー・ポジションより弾きやすいはずです。

 

「あれ?ってことはハイ・ポジションであればどんどん弾きやすくなるんじゃ?」と思ってしまうかもしれませんが、ハイ・ポジションはハイ・ポジションでまた難しくなりますので、5フレット辺りが丁度やりやすいポジションになります。

 

Fを慣らすうえで苦戦するのが、一つの指で全ての弦を押さえる「セーハ」と呼ばれる技術です。これが一つの大きな壁になっています。

 

押さえるコツとしては、フレット近くを押さえることです。(5フレットだったら6フレット近くを押さえましょう)

 

この時、人差し指と親指でフレットを挟むような感じになります。(この時に親指が変な位置になければ、嫌でも人差し指が真っすぐ指板を押さえているはずです)

 

それでも最初は指が痛いと思いますが、やっていくうちに徐々に硬くなってきます。

 

そして、1弦ずつ音を鳴らして確認していきます。きちんと押さえられていれば音が鳴るはずです。

 

5フレットできちんと音が出てくれば、ゴールはすぐです。あとは1フレットずつ下げていきましょう!

 

場所を変えると弾けなくなるかもしれませんが、5フレットの時には弾けていたので、弾けるのも時間の問題です!

 

今日も練習頑張りましょう!

 

僕のレッスンはこちらです

僕のツイッターはこちら です

僕の動画はこちら です