社畜だった僕がプロギタリストになった練習方法

初心者の方や、練習方法に悩んでいる方、忙しくて練習する時間があまり取れない方の為の練習方法をお伝えします。

5分間勉強!忙しい人が万能ギタリストになる練習方法(オルタード・スケール編)

お忙しいみなさま、いかがお過ごしでしょうか。

 

本日の「忙しい人が万能ギタリストになる練習方法」はオルタード・スケールです。

 

譜面はこちらです。

 

f:id:bc-guitar0046:20180724002514p:plain

 

(譜面はGオルタード・スケールです) 

オルタード・スケール

オルタード・スケールはコード・トーン+オルタード・テンションで作られたスケールです。

 

・ナチュラル・テンション・オルタード・テンション
 ナチュラルテンションは9th、11th、13thのことです。
 オルタード・テンションはそれ以外(b9th、#9th、#11th、b13th)のことです。

 

G7だとこうなります。

G Ab A# B C# D Eb F

(1   b9    #9    3     #11  5    b13  7)

 

ここで一つおかしい点がありますが、気づいた方はいらっしゃいますか?

 

そうです。これだと音が8つになってしまうのです。これをまずは7つにする必要があります。では、どこを取り除くのか?5thの音を取り除きます。

 

なぜ5th?

ではどうして5thを取り除くのでしょうか?

 

f:id:bc-guitar0046:20180724004004p:plain

C# D Eb←この3つに注目します。(赤い所がその3つです)

(#11  5   b13)←半音が3つ続いてしまいます。

 

#11→5のインターヴァルは「短2度」だからいいのですが、

 

#11→b13までのインターヴァルも「長2度」になってしまいます。

 

音が2つも進んでいるのに、インターヴァルが「3度」(3度だとb13thではなく13th)になっていないのはダメなんです。

 

そして、5thを取り除いたものが        

G Ab A# B C# Eb F←Gオルタードスケールとなります。

 

f:id:bc-guitar0046:20180724004512p:plain※青色が5th。これを取り除くと

 

f:id:bc-guitar0046:20180724004657p:plain

 

こうなります。これがオルタード・スケール。(譜面はGオルタード・スケール)

 

そして、これを半音上(Ab)から並べ直します。

Ab A# B C# Eb F G

 

フラットやシャープばかりなので被らないように整理します。

Ab Bb Cb Db Eb F G

(1   2    b3  4   5   6    7)

 →Abメロディック・マイナー・スケール

 

f:id:bc-guitar0046:20180724005342p:plain

 

よって、オルタード・スケールは半音上のメロディック・マイナースケールと同じとも言えます。

 

Gオルタード・スケールAbメロディック・マイナー・スケール

 

メロディック・マイナー・スケールの事について書いたときに、ドミナントコードの半音上のメロディック・マイナー・スケールを弾いておけば良い、と書いたのは実はここで繋がるんです!

 

ですので、初心者の方は引き続きドミナント・コードの半音上のメロディック・マイナー・スケールを弾くと、オルタード・スケールを使ってることと同じなんだな~っといいうぐらいの感じで良いと思います♪

 

本日も練習頑張りましょう!

 

僕のレッスンはこちらです

僕のツイッターはこちら です