社畜だった僕がプロギタリストになった練習方法

初心者の方や、練習方法に悩んでいる方、忙しくて練習する時間があまり取れない方の為の練習方法をお伝えします。

5分でOK!忙しい人が万能ギタリストになる練習方法(ヴォイシングとインヴァージョン編)

お忙しいみなさま、いかがお過ごしでしょうか。

 

本日は 「ヴォイシングとインヴァージョン」についてです。

 

ヴォイシングとは

ヴォイシングとはコード・トーンの音の並び方の事を言います。

例えば、Cmaj7だったら「C,E,G,B」の4つですが、例えばこんな並べ方がありますよね?

 

f:id:bc-guitar0046:20180520182414p:plain

(C,E,G,B               E,G,B,C             G,B,C,E               B,C,E,G) 

 

これらの音の組み合わせを1オクターブ以内に収めたものをクローズド・ヴォイシングと言います。

 

f:id:bc-guitar0046:20180520182700p:plain

 (G,C,E,B               B,E,G,C             C,G,B,E              E,B,C,G)

 

また、上記の様に音の組み合わせが最低音と最高音の音の幅が「結果的に」1オクターブ以上にしたものをオープン・ヴォイシング、またはスプレッド・ヴォイシングと言います。

 

そして、そのヴォイシングの音の並べ方にも名前がついています。

 

これをインヴァージョン(転回)と言います。インヴァージョンは全部で4つあります。

 

インヴァージョンとは

インヴァージョンとは転回形のことです。コードを選ぶ順番のことを言います。

 

Cmaj7(C,E,G,B)で説明しますね♪

 

f:id:bc-guitar0046:20180520182414p:plain

 

Cから始まるインヴァージョン→ルート・ポジション

Eから始まる(3度から始まる)インヴァージョン→ファースト・インヴァージョン

Gから始まる(5度から始まる)インヴァージョン→セカンド・インヴァージョン

Bから始まる(7度から始まる)インヴァージョン→サード・インヴァージョン

 

と名前がついています。

 

ルートから始まるものを基本形と考えておいて、それ以後の転回系から名前がつく、と考えた方が分かりやすいかもしれませんね♪

 

また、インヴァージョンはトライアドやセヴンス・コードの時だけではなく、テンション・コードの時にも使われます!

 

まとめ

コード・トーンの並べ方の事をヴォイシングという。

 

ヴォイシングには音の並びを1オクターブ以内で収める「クローズド・ヴォイシング」と1オクターブ以上にした「オープン・ヴォイシング」がある。

 

ヴォイシングの音の並べ方の事をインヴァージョン(転回形)という。

 

インヴァージョンには3度を一番下にもっていくファーストインヴァージョン

          5度を1番下にもっていくセカンド・インヴァージョン

          7度を1番下にもっていくサード・インヴァージョン

がある。

 

小難しい言葉で書いてありますが、コードを構成している音の並びが変わることを小難しく書いてあるだけ、と思ってくれれば良いです!

 

そして、理論に関しては分かるところだけ分かったら今はそれだけで十分、という考え方が大切だと思います。必要な時がきたらまた読めば良いのですから。

 

本日も練習頑張りましょう!

 

僕のレッスンはこちらです

僕のツイッターはこちら です