社畜だった僕がプロギタリストになった練習方法

初心者の方や、練習方法に悩んでいる方、忙しくて練習する時間があまり取れない方の為の練習方法をお伝えします。

忙しい人の為のアドリブ練習法(スケール覚えたて編)

お忙しいみなさま、いかがお過ごしでしょうか。

 

スケールを覚えるだけじゃアドリブ出来ない?

先日友人から、「スケールを覚えればとりあえずアドリブができるのは分かったけど、何かそれっぽくならない。どうしたらいいの?」と質問されました。

 

f:id:bc-guitar0046:20180425224058j:plain

 

そこで今回はスケールを覚えた後どうしたらいいのかを説明したいと思います。

 

そもそもどうしてスケールを覚えただけではそれっぽくならないのか?

例えば、Cメジャースケール。日本語の中の「あいうえお」だと思ってください。それを今は覚えた状態です。そしてその中から「単語」を作っていかなければいけません。

小さい時に言葉を覚えた時にどう覚えたでしょうか?自分で勉強しましたか?ほとんどの方はご両親やいろいろ人から「単語」を教わってきたはずです。

 

そう考えるとスケールを覚えた後にすべきことは分かりますね?

そう、「単語」を覚えないといけません。単語=フレーズになりますので、これはひたすらコピーをして覚えていくと良いでしょう。好きなアーティストももちろん良いですし、例えばyoutube等で「ギター ロック フレーズ」みたいな感じで検索をしてもいろいろと出てきます。

 

短いフレーズをコピーした方が良い

ギターソロとかのコピーをしようとすると、まるごと覚えようとしてしまいますよね。スケールや単純に指使い等の練習としてやる分には良いと思いますが、それを丸ごとアドリブで使えるのか?というと話は変わってきます。

「4小節コピーしたものを使う」のと「1小節コピーしたものを使う」では、使い勝手も違ってきますよね?

もちろん、まるまるコピーして自分でここは使える、使えないと判断できる人であれば良いですが、そもそもそのレベルの人はこの記事は読んでいないでしょう。ですので、長いフレーズをコピーする際は気を付けてください。

 

f:id:bc-guitar0046:20180425224310j:plain

 

いろいろな曲やキーで使ってみる

コピーしてある程度フレーズが指に馴染んできたら、キーを変えて練習してみたり、テンポが遅い/速い曲で使ってみたり、ジャンルを変えたりして弾いてみてください。

そうしていく中で「自分はこのフレーズはこういう時に弾くのがいいな、このキーだとなんか好きじゃないけど、このキーだと好きだな」等出てくると思います。自分の感じた事を大切にしてください。それが自分の「価値観(センス)」になっていきますので、いろいろなフレーズを覚えて使ってみることがとにかく大切です。

 

誰でも最初はめちゃくちゃ

覚えておいて欲しいのが、最初はみんな下手くそです。なので上手、下手なんてことは気にせず「今はフレーズを覚えよう」とだけ考えてやっていけば良いかと思います。

忙しくてもフレーズ練習だけなら1分もかからないはずですので、ぜひ毎日ギターを弾くきっかけにして頂けたら幸いです。

 

 

アドリブも弾けるようにいたします。