社畜だった僕がプロギタリストになった練習方法

初心者の方や、練習方法に悩んでいる方、忙しくて練習する時間があまり取れない方の為の練習方法をお伝えします。

5分でOK!忙しい人が万能ギタリストになる練習方法(ロック系バッキング③)

お忙しい皆様、いかがお過ごしでしょうか?

 

本日の5分間練習は「ロック系バッキング③」です。

 

譜面はこちらです。

 

f:id:bc-guitar0046:20190322223719p:plain

 

一見簡単そうに見えますが、これが難しいです。8分のダブルストップ後の16分が弾けない人、あるいは16分の後の8分のダブルストップが弾けない方のどちらかだと思いますが、どちらも共通するのはピッキングの深さと手首のスナップです。

 

ピッキングが深いと弦移動時にどうしても弦がつっかえてしまって発音するまでに時間がかかりますし、音も悪くなります。

 

ですので出来うる限りピックを弦に対して浅く当てることを心がけましょう!もちろん、ピックは弦に対して並行に当てることは鉄則です!

 

また、腕全体で弾くというよりも、手首のスナップで弦を弾いていく方が雰囲気が出ると思います。

 

慣れてきたらテンポを徐々に上げて行きましょう!

 

本日も練習頑張りましょう!

 

僕のレッスンはこちらです

僕のツイッターはこちら です

僕の動画はこちら です

5分でOK!忙しい人が万能ギタリストになる練習方法(ロック系バッキング③)

お忙しい皆様、いかがお過ごしでしょうか?

 

本日の5分間練習は「ロック系バッキング③」です。

 

譜面はこちらです。

 

f:id:bc-guitar0046:20190322223719p:plain

 

一見簡単そうに見えますが、これが難しいです。8分のダブルストップ後の16分が弾けない人、あるいは16分の後の8分のダブルストップが弾けない方のどちらかだと思いますが、どちらも共通するのはピッキングの深さと手首のスナップです。

 

ピッキングが深いと弦移動時にどうしても弦がつっかえてしまって発音するまでに時間がかかりますし、音も悪くなります。

 

ですので出来うる限りピックを弦に対して浅く当てることを心がけましょう!もちろん、ピックは弦に対して並行に当てることは鉄則です!

 

また、腕全体で弾くというよりも、手首のスナップで弦を弾いていく方が雰囲気が出ると思います。

 

慣れてきたらテンポを徐々に上げて行きましょう!

 

本日も練習頑張りましょう!

 

僕のレッスンはこちらです

僕のツイッターはこちら です

僕の動画はこちら です

5分でOK!忙しい人が万能ギタリストになる練習方法(タッピング③)

お忙しい皆様、いかがお過ごしでしょうか?

 

本日の5分間練習は「タッピング③」です。

 

譜面はこちらです。


f:id:bc-guitar0046:20190201021209p:plain

 

前回は単一弦でのストレッチを兼ねたタッピングをやりましたが、今回は複数弦のタッピングの練習をしていきます。

 

フレーズ自体はAマイナー・ペンタトニック・スケールの第2ポジションが基盤になっていますが、それにタッピングで第3ポジションの音もプラスしているという形になります。

 

複数弦をタッピングするとなると音の把握が一番難しい所だと思いますので、まずは弾くべき音がどこなのかをしっかりと認識してから練習していくと良いと思います。

 

ペンタトニックスケールの場合はポジションも比較的覚えやすいので、ここで一度複数弦上でのタッピングの感覚を掴みましょう!

 

また、5弦、6弦辺りがかなりタッピングしにくく、リズムも乱れがちですので、しっかりと自分の演奏を耳で聴きながら練習するように心がけましょう。

 

たかが5分でも隅々まで意識して練習すれば何倍もの成果が出てきます。

 

本日も練習頑張りましょう!

 

僕のレッスンはこちらです

僕のツイッターはこちら です

僕の動画はこちら です

5分でOK!忙しい人が万能ギタリストになる練習方法(ストレッチ②)

お忙しい皆様、いかがお過ごしでしょうか?

 

本日の5分間練習は「ストレッチ②」です。

 

譜面はこちらです。

 

f:id:bc-guitar0046:20190207223735p:plain

 

今回は全部の指がストレッチするコードになっています。アルペジオで弾くので、一つ一つの音をミュートせず伸ばして重ねていってください。

 

僕自身はこのコードは普通にコードを弾くようには弾けません。そこまで手が大きくない為、親指をネックの中央よりやや1弦寄り(弦で言えば3弦ぐらいの位置)に置いて弾いています。

 

そうすることによってネックと左手の間に隙間が出来るので、ストレッチがしやすくなります。(それでも、かなり指を立てないとしっかりと音はなってくれません…)

 

このコード自体はあまり使うこともありませんが、音の響きがエキゾチックでありながらとても綺麗に響きますし、まんべんなく各指をストレッチできるのでオススメです。

 

またストレッチ系全てに言えることですが、指に多大な負荷がかかるので、少しでも痛みを感じたらすぐに中止しましょう!一気にやるよりも毎日少しでもやることで指が開いてきます。

 

本日も練習頑張りましょう!

 

僕のレッスンはこちらです

僕のツイッターはこちら です

僕の動画はこちら です

 

5分でOK!忙しい人が万能ギタリストになる練習方法(ジョイント)

お忙しい皆様、いかがお過ごしでしょうか?

 

本日の5分間練習は「ジョイント①」です。

 

譜面はこちらです。

 

f:id:bc-guitar0046:20190416224735p:plain

(5フレットから人差し指と当てていって8フレットは小指で弾いてください)

 

スウィープの運指や普段のフレーズにもよく使われるジョイントですが、意外と疎かになりがちです。

 

ジョイントの一番難しい所は弾かない弦のミュートだと思いますが、その際に生じる「クネクネ」っとした動きが苦手な人が多いのではないでしょうか。

 

第一関節を使ってジョイントをしますが、慣れないうちはなかなか難しいと思いますので、自由なテンポでまずは第一関節を動かしていきましょう。

 

譜面の場合、2弦を弾く際は第一関節が少し折りたたむような(指を立てるような)感じになり、1弦のミュートは指の腹で行います。

 

1弦を弾く時には指がやや真っすぐな状態になります。指の関節が柔らかい人にありがちですが、柔らかいが故に指を外側に逸らしすぎちゃう人(第一関節が凹むような感じ)は指に負担をかけてしまうので辞めましょう。

 

なお、2弦のミュートは指の先で行います。ミュートに関してはオクターブ奏法と近い感じです。

 

歪ませて練習するとミュートのチェックができるのでオススメです。一音一音しっかりと音を出すことが大切ですので、速く弾くよりも遅いテンポでゆっくり丁寧に弾けることの方が将来的に近道になります。

 

本日も練習頑張りましょう!

 

僕のレッスンはこちらです

僕のツイッターはこちら です

僕の動画はこちら です

5分でOK!忙しい人が万能ギタリストになる練習方法(2拍3連

お忙しい皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

 

本日の5分間フレーズは「2拍3連」です。

 

譜面はこちらです。

 

f:id:bc-guitar0046:20180710000439p:plain


2拍3連は文字通り2拍を3等分した音価(音の長さ)です。


頭で考えると難しいですが、これを簡単にするのが上記の譜面です!

 

1・2小節目は普通の3連符です。

 

3小節目から、所定の位置にアクセントを入れます。


ここが非常に大事です!これで感覚を掴みましょう!

 

5小節目からは3連符の頭がタイになっています。タイはカッコで連なってる部分を一つの音として弾きます。譜面だと3連符2個分の長さになります。


この状態で弾くことで2拍3連になります。これが弾ければ実質2拍3連が弾けたことになります!

 

7小節目からいよいよ2拍3連になりますが、5・6小節目が出来ているなら弾けるはずです!

 

最初はなかなか難しいかもしれませんが、やり方が分かると意外と大したことない(?)事に気がつくと思います。

 

混乱しやすいですが、5小節目からのアクセントさえ出来ればすぐにマスター出来ますよ!


この練習は必ずメトロノームを使ってやりましょう。

 

本日も練習頑張りましょう!


僕のレッスンはこちらです

僕のツイッターはこちら です

僕の動画はこちら です

 

5分でOK!忙しい人が万能ギタリストになる練習方法(5連符)

お忙しい皆様、いかがお過ごしでしょうか?

 

本日の5分間練習は「5連符」です。

 

譜面はこちらです。

 

f:id:bc-guitar0046:20190310222235p:plain

Aマイナー・ペンタトニック・スケールの6弦ルートを人差し指から弾くポジションを使ったフレーズです。

 

5連符というと複雑そうに感じますが、簡単に弾く方法があります。

 

クリックを鳴らしてその上でなんでも良いので5文字の言葉を言ってみてください。上手くクリックと合わせられましたか?それが5連符です。

 

それが出来ればイメージはつかめていますので、実際に弾いて自分に落とし込むだけです!

 

フレーズはAマイナー・ペンタトニック・スケールを下降する形になっています。オルタネイトで弾きますが、5音で一つのフレーズになっており、左手よりも右手のコントロールが難しいと思いますが、複雑なリズムの場合は一度自分が弾きやすいテンポから練習し、弾けるようになったらゆっくりとしたテンポから徐々にスピードを上げて行くのが良いと思います。

 

本日も練習頑張りましょう!

 

僕のレッスンはこちらです

僕のツイッターはこちら です

僕の動画はこちら です