社畜だった僕がプロギタリストになった練習方法

初心者の方や、練習方法に悩んでいる方、忙しくて練習する時間があまり取れない方の為の練習方法をお伝えします。

5分でOK!忙しい人が万能ギタリストになる練習方法(チョーキング)

お忙しい皆様、いかがお過ごしでしょうか?

 

本日の5分間練習は「チョーキング」です。

 

譜面はこちらです。

 

f:id:bc-guitar0046:20190319212722p:plain

 

チョーキングは色々なものがありますが、今回は半音上げるハーフ・チョーキングと、1音上げるチョーキングです。

 

基本的には全て薬指で行ってください!(薬指でチョーキングする割合が高い為、慣れておくと得です)

 

最初にチョーキング後の音をならして、次の音が実際にチョーキングをする音です。つまり、2音ずつ同じ音になれば正しい音程が取れているということになります。

 

簡単そうに見えますが、意外とこれが難しいです。ですが、チョーキングはギターでは必須のテクニックの一つになりますので、正確な音程を取れるようになりましょう!

 

場所によってはチョーキングがきついかもしれませんが、原則としてチョーキングできるポジションを選んでいますので、弾けない場合は少しずつで良いので指を鍛えていきましょう!

 

また、弾きすぎると指を痛めたり、弦が切れたりしますのでやりすぎに注意です。

 

本日も練習頑張りましょう!

 

僕のレッスンはこちらです

僕のツイッターはこちら です

僕の動画はこちら です

5分でOK!忙しい人が万能ギタリストになる練習方法(ハイブリッド・ピッキング⑤)

お忙しい皆様、いかがお過ごしでしょうか?

 

本日の5分間練習は「ハイブリッド・ピッキング⑤」です。

 

譜面はこちらです。

 

f:id:bc-guitar0046:20190421221946p:plain

 

Am7のアルペジオをハイブリッド・ピッキングで下降していくフレーズです。今までご紹介したフレーズはピック弾きでも弾ける方もいらっしゃったかもしれませんが、今回のフレーズをピックだけで弾くのは相当難しいと思います。(少なくとも僕は無理です。。。)

 

人差し指のストレッチ+薬指で弾くので、若干弾きにくいのとテンポが上げにくいと思いますが、結構使い勝手が良いフレーズだと思います。

 

下降だけではなく上昇するのも良い練習になりますし、フレーズによりますが、他のフレーズの前後に付け足して弾いても割と相性が合うかと思います。(アルペジオだと一番相性が良いと思います)

 

本日も練習頑張りましょう!

 

僕のレッスンはこちらです

僕のツイッターはこちら です

僕の動画はこちら です

5分でOK!忙しい人が万能ギタリストになる練習方法(理論編⑤アヴェイラブル・テンション/アヴォイド・ノート)

お忙しいみなさま、いかがお過ごしでしょうか。

 

本日は「アヴェイラブル・テンションとアヴォイド・ノート」です。

 

テンションとは

テンションとはコード・トーン(1・3・5・7度)以外の音のことです。

 

ナチュラル・テンションとオルタード・テンション

テンションには

 

スケール内の音を使ったナチュラル・テンションそれ以外の音を使ったオルタード・テンションの2種類があります。

 

アヴェイラブル・テンションとアヴォイド・ノート

2つを簡単に説明すると

 

アヴェイラブル・テンション使えるテンション

 

アヴォイド・ノート使えないテンション

 

です。

 

そして、テンションには2つルールがあります。

 

テンションコード・トーンの半音「上」の「ナチュラル・テンション」は使えないんです。=アヴォイド・ノート

 

テンションは基本的にオクターブ上で表記します。(2th=9th,4th=11th,6th=13th

 

Cメジャーのダイアトニック・コードを例にして見てみましょう。

 

Cメジャーのダイアトニック・コードはCメジャー・スケール内の音で作られたコードです。

 

よって、C,D,E,F,G,A,Bの7音で作られたコードになります。

 

Cmaj7の場合→C,E,G,Bがコード・トーンです。

       9th(D),11th(F),13th(A)がテンション・ノートです。

 

9th→CからDは全音上にあるので使えます=アヴェイラブル・テンション

 

11th→EからFは半音上のナチュラル・テンション(=スケール内にある音)なので使えません=アヴォイド・ノート

 

13th→GからAは全音上にあるので使えます=アヴェイラブル・テンション

 

 

Dm7の場合→D,F,A,Cがコード・トーンです。

       9th(E),11th(G),13th(B)がテンション・ノートです。

 

9th→DからEは全音上にあるので使えます=アヴェイラブル・テンション

 

11th→FからGは全音上にあるので使えます=アヴェイラブル・テンション

 

13th→AからBは全音上にあるのでアヴェイラブル・テンションです・・・と言いたいところですが、実はこれだけが例外になってしまうんです!

 

Dm7のコードトーンであるFの音とBの音が「トライトーン」の関係になってしまうので、これはアヴォイド・ノートになってしまうんです。

 

※トライトーン・・・

3度と二つの音の差が3全音分の事を言います。(Dをルートとして、Fと Bの関係)

 

3度に対してというのが大切なので覚えておきましょう!

 

 

Em7の場合→E,G,B,Dがコード・トーンです。

                      9th(F),11th(A),13th(C)がテンション・ノートです。

 

9th→EからFは半音上のナチュラル・テンション(スケール内の音)なので使えません=アヴォイド・ノート

 

11th→GからAは全音上にあるので使えます=アヴェイラブル・テンション

 

13th→BからCは半音上のナチュラル・テンション(=スケール内の音)なので使えません=アヴォイド・ノート

 

 

Fmaj7の場合→F,A,C,Eがコード・トーンです。

         9th(G),11th(B),13th(D)がテンション・ノートです。

 

9th→Fから全音上にあるので使えます=アヴェイラブル・テンション

 

11th(#11th→ルートから数えると11thが「パーフェクト11th(完全4度のテンションなので完全11度と呼びます)」ではなく半音更に高いので、#11thになります。

 

※11thの場合=Bbはダイアトニックの音には存在しない

 

13th→Cから全音上にあるので使えます=アヴェイラブル・テンション

 

 

G7の場合→G,B,D,Fがコード・トーンです。

       9th(A),11th(C),13th(E)がテンション・ノートです。

 

 9thアヴェイラブル・テンションです。

 

11th→Bから半音上にあるのでアヴォイド・ノートです。

   

13thアヴェイラブル・テンションです。

 

 

Amの場合→A,C,E,Gがコード・トーンです。

       9th(B),11th(D),13th(F)がテンション・ノートです。

 

9thアヴェイラブル・テンションです

 

11thアヴェイラブル・テンションです。

 

13th→Eから半音上にあるのでアヴォイド・ノートです。

 

 

Bm7(b5) の場合→B,D,F,Aがコード・トーンです。

         9th(C),11th(E),13th(G)がテンション・ノートです。

 

9thアヴォイド・ノートです。

 

11thアヴェイラブル・テンションです。

 

13thb13th)→ルート(B)に対して13thの音はインターヴァル(音程)が半音低い(短13度)の為、b13thとなります。

もちろん、アヴェイラブル・テンションです。

 

今日も練習頑張りましょう!

 

僕のレッスンはこちらです

僕のツイッターはこちら です

僕の動画はこちら です

5分でOK!忙しい人が万能ギタリストになる練習方法(ジャズ・ブルース風バッキング)

お忙しい皆様、いかがお過ごしでしょうか?

 

本日の5分間練習は「ジャズ・ブルース風バッキング」です。

 

譜面はこちらです。

 

f:id:bc-guitar0046:20190424222838p:plain

 

「ジャズっぽいブルースのバッキングって無いですか?」と曖昧なご注文を生徒様から頂きました。

 

極力難しくなく、かつ、それっぽく聞こえるようなパターンにしました。

 

各コードはスタッカートになっていますので、「チャッチャッ」と歯切れ良く弾いてください!

 

※ちなみに、スタッカートは音を短く切る、と習った方も多いと思いますが、正確には音を半分の長さにする、という意味になります

 

その後はブラッシングが入っています。シャッフルですので慣れていないと少し難しいかもしれません。

 

コードの押さえ方が少し特殊なので、コード・チェンジが大変かもしれませんが、それも含めて練習になると思います。

 

本日も練習頑張りましょう!

 

僕のレッスンはこちらです

僕のツイッターはこちら です

僕の動画はこちら です

5分でOK!忙しい人が万能ギタリストになる練習方法(理論編④コード・トーン/ガイド・トーン)

お忙しい皆様、いかがお過ごしでしょうか?

 

本日は理論編「コード・トーンとガイド・トーン」についてです。

 

コード・トーン

コード・トーンとは、コードの特徴的な音のことです。

1度・3度・5度・7度がコード・トーンになります。

 

Cを例にすると

 

Cは3つの音(トライアド)で形成されています。

コード・トーンは1度・3度・5度(ド・ミ・ソ)になります。

 

Cmaj7は4つの音(セヴンス・コード)で形成されています。

コード・トーンは1度・3度・5度・7度(ド・ミ・ソ・シ)になります。

 

そして、そのコード・トーンの中でも、どの音が大切なのかという優先順位があるのです。

 

コード・トーンの優先順位

1度がルートだから一番大切じゃないの?と思う方も多いと思います。

 

結論から言いますと

3度・7度・5度・1度の優先順位となっています。

 

一つずつ説明していきますね。

 

コード     コード・トーン

Cmaj7        →C・E・G・B

                      1     3    5    7

 

C7             →C・E・G・Bb

                     1     3     5   b7

 

Cm7          →C・Eb・G・Bb

                     1     b3    5    b7     

 

Cm7(b5)   →C・Eb・Gb・Bb

                     1    b3    b5     b7

 

上の4つのコードを見ていくと

3度はメジャーかマイナーかを決める音になります。(こちらの記事を参照するとより理解が深まります。)

 

3度=メジャー→C・E・G・B =Cmaj7

        →C・E・G・Bb  =C7

         

         マイナー→C・Eb・G・B =Cmaj7

                        →C・Eb・G・Bb  =Cm7

 

7度は、メジャーセブンかマイナーセブンを決める音になります。

 

7度=メジャー→C・E・G・B=Cmaj7

         マイナー→C・E・G・Bb=C7

 

7度も確かに変わりますが、メジャー・コード内での変化しかしません。

 

5度はm7b5というコード時にのみ変化します。

 

1度はどのような時でも変化をしません。

 

故に、3度・7度・5度・1度という順番になります。

 

このことから、3度と7度はコードの雰囲気(キャラクター)を決めることができる音です。

 

この3度と7度のことを「ガイド・トーン」と呼びます。

 

本日も練習頑張りましょう!

 

僕のレッスンはこちらです

僕のツイッターはこちら です

僕の動画はこちら です

5分でOK!忙しい人が万能ギタリストになる練習(読譜①)

お忙しい皆様、いかがお過ごしでしょうか?

 

本日の5分間練習は「読譜①」です。

 

譜面はこちらです。

 

f:id:bc-guitar0046:20190324230228p:plain

 

今回から読譜も書いていこうと思います。読譜とは文字通り「譜面を読む」ことです。現場ではTAB譜などは当然存在しませんので、音符を読む力が必要になってきます。

 

といっても、ピアノ等を習っていたような環境でもなければ最初から読めるわけもありませんので、ゆっくりと進めていきたいと思います。

 

まず最初に書かれているのが、レギュラー・チューニング上での最低音「E」音です。五線譜よりもさらに下に3本線があり、その下に音符があります。これが6弦のEの音になります。もしこれよりも下に音があった場合はドロップDであったり、特殊なチューニングである可能性があります。

 

その後は各線上にある音を覚えていきます。

 

五線譜より3つ下の線上にある音は「ファ」になります。

 

続いてそこから一つ上の線上にある音が「ラ」になります。

 

それを繰り返していったものが上記の譜面の図になるわけです。

 

※「ド」に関しては線上ではありませんが記載している所もあります。

 

そして譜面の下の段がTAB譜です。見慣れているものだとおもいますが、6弦のE、F以外は「一例」として記載しているだけです。

 

例えば、五線譜より1つ下の線上にある「ド」は譜面上では5弦3フレットですが、これは6弦8フレットでも良いわけです。

 

このように様々なポジションがあるため、曲によって弾く場所を考えなければならないのが、読譜の面倒な所ではあります。

 

しかしながら最初のうちはとりあえず音を見つける事、読める事が最優先ですので、ゆっくりとやっていくのが良いと思います。

 

本日も練習頑張りましょう!

 

僕のレッスンはこちらです

僕のツイッターはこちら です

僕の動画はこちら です

5分でOK!忙しい人が万能ギタリストになる練習方法(速弾き③)

お忙しい皆様、いかがお過ごしでしょうか?

 

本日の5分間練習は「速弾き③」です。

 

譜面はこちらです。

 

f:id:bc-guitar0046:20190129205226p:plain

 

Aマイナー・ペンタトニックの第一ポジションを使ったフレーズです。

 

速弾きは横に移動するものが多いのですが、今回のフレーズは縦に移動します。

 

そして、ポジション上使う指が人差し指+薬指か人差し指+小指のどちらかしかありません。

 

速弾きに限った話ではありませんが、薬指と小指がきちんと独立し、かつ、指が動いてくれると難しいフレーズも弾きやすくなります。

 

フルピッキングでクリーンで弾きましょう。なれてきたらクランチ→歪みといった形で練習すると良いと思います。

 

人によっては薬指、小指の筋力のトレーニングにもなりますが、かなり負担がかかるため疲労を感じたらそれ以上練習をすることは控えることをオススメします。

 

このフレーズが綺麗に弾けるようになった時には左手はかなり動くようになっていると思います。

 

本日も練習頑張りましょう!

 

僕のレッスンはこちらです

僕のツイッターはこちら です

僕の動画はこちら です