社畜だった僕がプロギタリストになった練習方法

初心者の方や、練習方法に悩んでいる方、忙しくて練習する時間があまり取れない方の為の練習方法をお伝えします。

5分でOK!忙しい人が万能ギタリストになる練習方法(Cメジャー・スケール①)

お忙しい皆様、いかがお過ごしでしょうか?

 

本日は「Cメジャー・スケール①」です。

 

www.youtube.com

 

左手はしっかりと指を立てて弾きましょう!指が小さかったり、構造上立てるのが難しい方もいるかもしれませんが、その場合は指先をやや斜めにすると立てやすいと思います。(僕自身も小指はそういう風にしています。動画で確認してみてください。)

 

右手はオルタネイトピッキングで弾きます。弦に対して平行にピックを当てましょう。弦移動時に斜めになったりする場合がありますので注意!

 

ハンマリングとプリングは可能であればチャレンジしてみてください。

 

速く弾けることが良いわけではありません。自分の弾けるテンポでフォームも音も「綺麗」に弾けるようにするのが上達への近道です。

 

本日も練習頑張りましょう!

 

 

僕のレッスンはこちらです

僕のツイッターこちら です

僕の動画はこちら です

5分でOK!忙しい人が万能ギタリストになる練習方法(トライアド①)

お忙しい皆様、いかがお過ごしでしょうか?

 

本日は「トライアド①」です。

 

トライアド=3和音です。

C,Cm,Cdim等がそれにそれにあたります。

 

Cmaj7,Cm7,C7等はセヴンス・コード(4和音)になります。

 

トライアドといっても、3音だけを弾いているわけではなく(そういう場合ももちろんありますが)、オクターブで重ねているため、5音(もしくは6音)出ていますが、構成している音は3音です。

 

※Cだと5弦からド・ミ・ソ・ド・ミ(C,E,G,C,E)となっています。

 

また、コード弾きやカッティングをする際に、「肘だけでストロークする」方がいらっしゃいますが、肘を壊すのと、早いパッセージの時に対応できないので、必ず手首も使って弾くようにしてみましょう。

 

www.youtube.com

 

本日も練習頑張りましょう!

 

僕のレッスンはこちらです

僕のツイッターこちら です

僕の動画はこちら です

5分でOK!忙しい人が万能ギタリストになる練習方法(メタル系リフのコツ)

お忙しい皆様、いかがお過ごしでしょうか?

 

今回は【メタル系リフのコツ】についてです。

 

コツは「ピックの先端で弾く」

 

これだけです。
しかしながら、これが意外と難しかったりします。

 

譜面に関しては、8分をダウン、16分の1音目をダウンと弾くといわゆるメタルのノリになります。

 

ダウン(すぐに空中でアップして待機)→ダウン→アップ

 

とすると良いでしょう。

 

動画はこちらです!

 

youtu.be

 

僕のレッスンはこちらです

僕のツイッターこちら です

僕の動画はこちら です

5分でOK!忙しい人が万能ギタリストになる練習方法(左右のシンクロ②)

お忙しい皆様、いかがお過ごしでしょうか?

 

本日の5分間練習は「左右のシンクロ②」です。

 

譜面はこちらです。

 

f:id:bc-guitar0046:20190325224935p:plain


ぱっと見た感じは「簡単じゃん!」と思ってしまいますが、これをオルタネイトで弾いてみてください。意外と弾けてない人も多いのではないでしょうか?

 

1弦→2弦→1弦と弦飛びの後の弦飛びですので、思っているより左右のタイミングが合いにくいんです。人によっては小指→人差し指→小指のパターンも難しいかもしれませんね。

 

タイミングが合わない理由が左手にあるのか右手にあるのかは人それぞれですので一概には「こうすればいい」というのはありませんが、このフレーズの一つの壁として、右手の2弦→1弦時のピッキングがあります。

 

右手は2弦→1弦がダウン→アップとなりますが、これがアップ→ダウンであればそこまで苦戦することもないと思います。

 

では、なぜアップ→ダウンが難しいのでしょうか?

アップピッキングをするためには、2弦から1弦の外側を通ってピッキングするような形になるため、どうしても弦に当たるまでの時間がかかります。いわゆる「弾きにくい」という状態です。

 

これを弾けるようになるためには、ゆっくりとしたテンポから徐々に速くしていくことと、ピッキングのふり幅や深さを極力小さくすることで、弦に当たるまでの距離を縮めることが出来ます。

 

日ごろから生音で練習していたりすると、音がなかなか聴こえない為に深くピッキングしてしまいがちですので、大きな音でなくても構いませんので、なるべくアンプに繋げて練習することをオススメします。(ヘッドフォンを使って練習すると迷惑もかけにくいです)

 

本日も練習頑張りましょう!

 

僕のレッスンはこちらです

僕のツイッターはこちら です

僕の動画はこちら です

5分でOK!忙しい人が万能ギタリストになる練習方法(コード・トーン把握⑤)

お忙しい皆様、いかがお過ごしでしょうか?

 

本日の5分間練習は「コード・トーン把握⑤」です。

 

譜面はこちらです。

 

f:id:bc-guitar0046:20190611225615p:plain 

全てルートから始まるようにしています。今回は5弦ルートで全て始めていますので、よりコード・トーンの違いが分かりやすいと思います。 

 

本日も練習頑張りましょう!

 

僕のレッスンはこちらです

僕のツイッターはこちら です

僕の動画はこちら です

5分でOK!忙しい人が万能ギタリストになる練習方法(速弾き⑦)

お忙しい皆様、いかがお過ごしでしょうか?

 

本日の5分間練習は「速弾き⑦」です。

 

譜面はこちらです。

 

f:id:bc-guitar0046:20190409230119p:plain

 

今回はネオクラシカル系です。

 

Aハーモニック・マイナー・スケールを使っています。2小節目の頭の4フレットが、7度の音で半音上がっています。

 

これがハーモニック・マイナー・スケールの特性音(特徴的な音)になります。

 

ネオクラシカル系はフレーズの特徴上、薬指と小指の強化に最適ですし、速弾きの練習にも使えます。

 

・フレーズについて

一つのポジションで2パターンの運指があります。

2パターンを前半、後半と分けると、前半は指を「押さえる」パターン、後半は指「離す」パターンになります。

 

我々の生活では、指で何かを押さえたり握ったりすることは頻繁にありますが、反対に指を引いたり、離したりすることは前者に比べるとあまりありません。

 

ですので、どうしても指を「離す」という動作が苦手です。

 

そこで、「押さえる」パターンと「離す」パターン両方をやることで、両方の力を均等にすることで、よりプレイに幅を持たせることが出来ます。

 

こういったフレーズに限らずですが、運指は出来る限り浮かさないようにしましょう。指が浮きすぎているとその分弦に着地するまでの時間がかかりますので、後々の上達に影響が出てきてしまいます。

 

特に「離す」パターンの時に指が浮きすぎているとどうしてもピッキングの方が早くなってしまって音が綺麗にならなかったりしますので、注意しましょう。

 

本日も練習頑張りましょう!

 

僕のレッスンはこちらです

僕のツイッターはこちら です

僕の動画はこちら です

5分でOK!忙しい人が万能ギタリストになる練習方法(指弾き③)

お忙しい皆様、いかがお過ごしでしょうか?

 

本日の5分間練習は「指弾き③」です。

 

譜面はこちらです。

 

f:id:bc-guitar0046:20190217222508p:plain

 

ある程度指弾きができる方にはなんてことないとは思いますが、今回は「スリーフィンガー」と呼ばれる奏法で演奏します。

 

スリーフィンガーは「親指・人差し指・中指」の3つの指で演奏するフィンガー・ピッキングです。アコースティックギター以外にもバンジョーなどでよく使われています。

 

人によっては薬指を使ったり、小指を使ったりする人もいらっしゃるかもしれませんが、今回はスリーフィンガーのみで演奏をします。

 

4・5・6弦を親指、3弦を人差し指、1、2弦を中指で担当します。

 

本日も練習頑張りましょう!

 

僕のレッスンはこちらです

僕のツイッターはこちら です

僕の動画はこちら です